2019/09/23

増大サプリの植物由来成分

植物由来成分について
ペニス増大サプリに配合されている代表的な植物由来成分の特徴や作用について紹介していきます。配合されている植物成分は増大サプリを選ぶ際の重要なポイントですので、しっかり確認しておきましょう。

ソフォン

ソフォン
ソフォン(学名:Butea superba)は、タイ、メコン川流域の特定地域に生息するマメ科の熱帯植物の被子植物です。タイでは、古くからカレン族やモン族の男性の間で強壮・強精・催 淫・の秘薬として伝承使用されてきました。天然被子植物のソフォンは、直接的な性機能の回復の効果が得られるため、東南アジアでは「天然のバイアグラ」と呼ばれ、非常に人気の高い強壮成分で、近年ではペニス増大サプリの有効必須成分として配合されています。

ソフォンの栄養素や作用

ソフォンには勃起を減退させるPDE酵素の働きを阻害する作用があります。これは医薬品のED治療薬と同様のメカニズムです。ソフォンが「天然のバイアグラ」と呼ばれるのはこの効果作用からです。持病の関係でED治療薬が使用できない方や、副作用が気になってED治療薬を使用したくない方などから、安心の天然成分で勃起力を高められる!と評価が高まっています。

また、成長ホルモンの分泌を強力に促進する働きにより、ペニスの増大にも高い効果が得られます。近年、ソフォンの効果が日本でも認知され、複数の製薬会社がソフォンの研究を進めています。

ソフォンには、強壮・強精作用成分以外に、性ホルモンの源となるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)も含まれています。老化現象の緩和作用などが明らかにされており、次世代アンチエイジング成分の代表格として期待が集まり注目されています。DHEA-S分泌促進作用によるアンチエイジング効果だけでなく、抗疲労作用なども臨床試験で確認され、ソフォンの国際的な需要が高くなり、乱獲される傾向が強まってきた影響を受け、タイ政府は輸出を規制しました。

2019年1月現在、ソフォンを配合したペニス増大サプリメントの価格が高騰している訳ではありませんが、輸出が規制されたことがきっかけとなって近い将来、研究の結果次第で価格が高騰し、希少価値が高い成分となる可能性が考えられます。

ソフォンまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★★★
日本の複数の製薬会社が研究を進めているソフォンを配合したペニス増大サプリも注目されています。ペニス増大サプリを選ぶ際、ソフォンが配合されているか?も重要なポイントの一つと言えるでしょう。

トンカットアリ

トンカットアリ
トンカットアリ(学名:Eurycoma longifolia)は、東南アジアのマレーシアなどの熱帯雨林に育つニガキ科に属する低木(ていぼく)です。マレーシア人参とも呼ばれます。マレーシアでは伝統的な民間薬として重用されてきた歴史からも副作用の心配もなく安全性の高い植物と言えるでしょう。トンカットアリは、栽培する事がとても難しく希少性が高い植物としても有名です。

トンカットアリの栄養素や作用

トンカットアリには、アルギニンや亜鉛、ビタミンB6などペニス増大に欠かせない有効成分がバランス良く豊富に含まれており、男性ホルモンの一種テストステロンの生成、増加を促します。テストステロンに作用することで、ペニスへの血流が促進されます。また筋力や精力の向上、疲労感回復など、男性にとって嬉しい効果があります。

トンカットアリの根部分には、グリコサポニンやユーリコマノンなどの有効成分が含まれており、ペニス増大サプリや精力剤の原料として使用されることが多い理由のひとつです。

トンカットアリを2週間摂取することで、男性ホルモンのテストストロン値が480%増加するという臨床レポートがMalaya大学から発表されています。

また韓国の研究者が、トンカットアリには朝鮮人参の約5倍以上の有効成分が含まれているということを発見しています。朝鮮人参は、滋養強壮の効果があることで古くから有名ですが、朝鮮人参に含まれるサポニンという成分の働きがとても大きく、中でもジンセンドサイドというサポニンの一種である成分の働きが深く関係しています。

ペニス増大サプリに配合されているトンカットアリは、希少価値が高い天然のものが使用されていますので、残留農薬などの心配が低く、体への負担や副作用は殆どないと考えられます。

トンカットアリまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★★★
朝鮮人参の約5倍もの有効成分を含むトンカットアリは男性ホルモンに作用する栄養素の宝庫で、ペニスの増大や精力増強を目指す男性には非常に効果的な成分と言えるでしょう。

マカ

マカ
マカ(学名:Lepidium meyenii)は、南米ペルーのアンデス山脈を中心に植生するアブラナ科の多年生植物です。マカはその栄養素の高さから、古くはインカ帝国時代から人々の貴重な栄養源として重用されてきました。特権階級の食べ物として珍重され、戦勝をあげた兵士への褒賞として与えられたという学説もあり2019年の現在もペルーでは、薬用ハーブや滋養食、発酵飲料の原料などとして大切に使われています。マカは生命力が強く、栽培している土地の養分を吸い取ってしまうので、一度栽培した土地は数年間不毛になるといわれています。マカにはそれだけ栄養素が詰まっているということです。

マカの栄養素や作用

マカにはビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養が豊富で、体内で生成できない必須アミノ酸もたくさん含まれています。これらは健康や男性機能の維持に欠かせないものです。特にアルギニンや亜鉛は男性器のサイズアップや精子の生成など男性機能に欠かせないものです。

アルギニンはアミノ酸の一種です。男性ホルモンのテストステロンの分泌を促す効果や、精子の生成と活動維持に関わります。血中の一酸化窒素を増やす作用があるので、血流を改善して勃起しやすい状態にしてくれます。ミネラルの一種である亜鉛もテストステロンの分泌促進と精子の生成、活動を維持する効果があります。男性器の海綿体を大きくする際に必要なたんぱく質の合成にも関わる栄養です。この2つの栄養は不足しやすい栄養なので、毎日積極的に摂取することが求められます。食事からでも摂取できますがそれだけでは不十分でしょう。

マカが配合されたペニス増大サプリを飲用することで、血管を膨張させてペニスを増大させる効果が期待できます。

ペニス増大サプリをはじめ、精力剤などの成分としても認知度が高まってきているマカですが、栽培されている土壌環境や農薬の残留リスクなどもゼロではありませんので、ペニス増大サプリメントで摂取する場合には、信頼のおける製品を選ぶことが重要です。

マカまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
アメリカの宇宙飛行士の宇宙食にも採用されるほどの栄養素を持つマカは、男性機能を高める成分が豊富です。摂取し続けることでペニスのサイズアップ効果も期待できるでしょう。

パフィア

パフィア
パフィア(学名:Pfaffia Paniculata)は南米に自生する巨大な樹木に巻きつくつる状のヒユ科植物で、その根は複雑な形状をしています。300年以上前から、ブラジル原住民のインディオはバフィアを万能薬「パラトダ」として、滋養強壮、糖尿病の治療、若返りなどの目的で広く用いてきました。

パフィアの栄養素や作用

パフィアは根の部分が朝鮮人参に似ていることから、アマゾン人参やブラジル人参という別名もあります。パフィアは19種類のアミノ酸を筆頭に様々な成分を含有をしており、栄養素の宝庫です。

アミノ酸19種類、βエクジステロン、シトステロール、スティグマステロール、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、コバルト、シリカ、鉄、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、サボニン

上記成分がバランス良く含まれており、血流改善、血流の増加促進作用をもたらします。勃起力の改善効果、血流増加を反復することによるペニス増大効果が期待できます。亜鉛は男性ホルモンの一種テストステロンの生成、増加作用があります。テストステロン増加により、ペニス増大や骨格の発達が促進されます。βエクジステロンは植物性ステロイドで男性ホルモンのテストステロンの増加促進作用があります。

近年の研究では、筋肉増強作用や美容作用も解明され、様々な分野で注目を集めています。

▶︎パフィア摂取によるテストステロン値上昇の研究情報

パフィアまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★★★
ペニス増大の基本有効成分であるアミノ酸と、男性ホルモン・テストステロンに作用する亜鉛を同時に摂取することができるバフィアはペニス増大サプリにおいて重要な成分のひとつと言えるでしょう。

クラチャイダイム

クラチャイダイム
クラチャイダム(学名:Kaempferia parviflora)は、タイを原産とするショウガ科の多年草で、タイなどの東南アジアで1年周期に生産を行っている希少価値の高いハーブです。栽培開始から約10か月間経過しないと収穫ができないことに加え、天候や栽培する場所によって品質のムラが出やすいため、近年、上質なクラチャイダムの価格は上昇傾向にあります。日本では、黒ショウガや黒ウコン、ブラックジンジャーなどいくつか呼ばれ方があります。

原産国のタイでは1000年以上も前から、滋養強壮や精力増強、疲労回復や血圧調整、腹痛、アレルギーなどに効果があるとして万能薬、長寿薬として人々に飲用されてきました。

クラチャイダムの栄養素や作用

クラチャイダムは抗酸化作用が高いとされるフラボノイド11種を含有しています。このフラボノイドの抗酸化効果により肥満解消や心肺機能の向上、老化防止、美容効果があると発表されており、多くの健康作用が期待できる成分として認知度が上がってきています。

財団法人動物繁殖研究所の実験結果では、脂肪細胞に作用し、インシュリン抵抗性改善と中性脂肪の低下作用が認められています。

ブルーベリーの約3倍のアントシアニンを含有しており、眼精疲労の回復効果もあります。

また、クラチャイダムにはアルギニン、ミネラル、アミノ酸などのペニス増大に効果がある有効成分が含まれています。クラチャイダムには含まれるアルギニンはマカの約2倍とも言われています。また、体内では生成することのできない栄養素であるBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)と言われる分枝鎖アミノ酸も豊富で、その高い勃起力改善効果が有名科学サイトでも発表されています。

▶︎クラチャイダムの勃起不全治療に対する有効性評価

クラチャイダムまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
クラチャイダムには勃起不全やペニス増大に有効なアミノ酸が10種類以上も豊富に含まれている精力剤やペニス増大サプリの必須成分のひとつと言えるでしょう。

カツアバ

カツアバ
カツアバ(学名:Erythroxylum catuaba A.J.Silva ex.Raym.-Hamet)は、ブラジル北東部、アマゾン地方に自生しているコカノキ科の低木(ていぼく)です。コカノキ科にはコカインの原料となる植物もありますが、カツアバにはコカイン成分は含まれていません。カツアバは、古くから、マカやムイラプアマに匹敵する有名な滋養強壮成分で「南米三種の神器」と呼ばれています。ブラジルのトゥピ族が発見して以来、アマゾン先住民のみならず都市部全般の人々に至るまでカツアバを愛用してきました。

カツアバの栄養素や作用

カツアバの葉や枝、樹皮にはカツアビンA、B、Cと呼ばれる3種類のアルカロイド類やタンニン類、アロマ系油、非麻薬性コカイン、フィトステロール、シクロリグナン、セキテルペン、フラボノイド、ステロール、サポニンなどが含まれています。

カツアバは神経を刺激する作用から、男性のインボテンツ改善効果に定評があります。

副作用のないカツアバは媚薬的効果を持つことから、ヨーロッパのハーブ医療では脳神経刺激剤として使用されています。ハーブ療法ではカツアバの樹皮を煎じたお茶として飲用されますが、ペニス増大サプリなどでは、潅木を細かく砕いたものを、アルコール抽出し、濃縮微粉末にしたものが配合されます。カツアバは綺麗な黄色の花が咲き、小さな黄色の実がなりますが、食べることはできません。樹皮や潅木が使用されます。

アメリカの研究機関による臨床試験で、血管拡張、血管弛緩の作用があることが明らかになっており、血行促進によって血流改善、乱れていたホルモン分泌やホルモンバランスが整いペニスの細胞の成長を促進させることから、ペニス増大サプリには、定番の成分として多くの商品に配合されています。

カツアバまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
カツアバの媚薬効果はマイルドな効果と高い安全性から日本でも人気上昇中です。ペニス増大サプリにもカツアバを配合した商品が多く見られるようになりましたが、媚薬的効果が高いため、サイズアップに関しては補助的成分としての位置づけと言えるでしょう。性欲向上や精力向上には効果が大きいと言えます。

ガラナ

ガラナ
ガラナ(学名:Paullinia cupana)) は、ブラジル・アマゾン川流域のごく一部で採取されるムクロジ科ガラナ属のつる性の植物です。ガラナの直径8ミリほどの種子には、カフェイン・ガラニンが豊富に含まれており、体中の毛細血管を拡張し、血流改善を促す効果があります。先住民ガラニス族は疲労回復、滋養強壮、鎮痛効果、精力増強薬として古くから重用してきました。一般的には、滋養強壮剤としてガラナを配合したチョコレートやスタミナドリンク、炭酸飲料が販売されていますが、チョコレートやガラナ飲料には微量のガラナ成分しか配合されていませんので、ペニス増大を目的にガラナを摂取するのであれば、ガラナ成分がしっかりと配合されているペニス増大サプリを飲用することがベストです。

ガラナの栄養素や作用

多くのペニス増大サプリにガラナが増大の有効成分として含まれているのは、ガラナに含まれるガラニンという栄養素が血流改善効果に加え、アドレナリンの分泌を促す作用があることが大きな理由です。ガラニンはカフェインの一種で覚醒効果があります。血流を良くする作用の他に、疲労回復、滋養強壮などの効果が期待できます。

ガラニンの他、抗酸化作用のタンニンやカテキン、漢方ガン治療にも用いられるテルペン、中枢神経を興奮させ精力増強作用があると言われるテオフィリン、血管拡張作用のテオブロミンなどがガラナの含有成分です。

ガラナの主成分はカフェインですので過剰に摂取には注意が必要です。海外ではガラナサプリメントの中毒事例も確認されています。

カフェイン摂取の目安については下記を参考にしてみてください。

▶︎食品中のカフェイン|食品安全委員会

ガラナまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
ガラナを含有したペニス増大サプリを飲用することで、アドレナリン分泌が高まり、血管を膨張させてペニスへの血流を増加させる効果が期待できます。ペニス増大サプリを選ぶ際、ガラナが配合されていることも大切なポイントのひとつと言えるでしょう。

ボロホ

ボロホ
ボロホ(学名:Borojoa Patinoi)は太平洋岸熱帯雨林地域 (主にコロンビア・エクアドル・ベネズエラ)に自生しているアカネ科の果物です。コロンビアのサンティアゴ・デ・カリの国立大学バジェ大学の植物学者であるビクトル・マヌエル・パティーニョがボロホの調査研究を行っていたことから、この学名がついています。高さは3~5mほどで、緑色の小さな 実がなります。果実は熟すと赤茶色になり1kgになります。ボロホにはタンパク質や抗酸化物質をはじめ豊富な栄養素が含まれおり、現地先住民の伝統医学では、性的媚薬や滋養強壮、また気管支症状や丹毒の治療などに使用されてきた歴史がります。

ボロホの栄養素や作用

ボロホは必須アミノ酸をはじめ、新陳代謝に関わるアスパラギン酸、神経伝達物質のグルタミン酸、成長ホルモン合成に関わるアルギニンなどを豊富に含んでいます。リンゴ酸は、疲労回復や新陳代謝を促進する成分として医薬品や漢方の原料として使用されている実績があります。

ボロホが自生していた地域の先住民のペニスが世界でも稀に見る大きさであることがニュースになり、ペニスの増大に効果があるのでは?と話題になりました。ここ最近、ボロホを配合したペニス増大サプリが増えているのは、そういった事も関係しているのかもしれません。ボロホは、マカを凌ぐ高い抗酸化作用と、滋養強壮強化においての効果が実証されており、現地では「天然のバイアグラ」とも言われています。

東海学園大学短期大学の西堀教授によるボロホ抽出エキス飲用時試験」「ボロホエキス含有ドリンク飲用時試験」ではボロホ成分摂取による高い血液流動性が確認されています。

同じ南米の食物で有名なマカと比較して高い抗酸化活性があることも実証されているボロホは、医療をはじめ様々な分野で注目されている成分です。

ボロホまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
血管拡張、血液の流動性を増加させる作用が臨床解明されているボロホは、ペニス増大サプリの有効成分として十分に期待できる成分と言えるでしょう。ペニス増大サプリを選ぶ際、ボロホが配合されているかチェックしてみてください。おすすめの成分です。

植物成分まとめ

増大サプリ植物成分は複数成分の摂取で相乗効果

増大サプリに配合されることの多い8つの植物由来成分

①ソフォン
②トンカットアリ
③マカ
④パフィア
⑤クラチャイダム
⑥カツアバ
⑦ガラナ
⑧ボロホ

以上の栄養素や作用効果などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。天然由来の植物成分は種類も多いので、植物由来成分を配合した男性向けサプリメントは多数販売されていますが、トンカットアリやマカなどの単品成分を摂取したい方はトンカットアリならDHC、マカならサントリーが知名度もあり品質、コスパに優れていて安心して購入できるのでおすすめです。

同時に複数の植物由来成分を摂取して更に効果を高めたい!という場合は、楽天やAmazon、メーカーの直販サイトなどで増大サプリを比較検討してみるのも良いでしょう。

▶︎健康食品のDHCトンカットアリ
▶︎サントリーのマカ冬虫夏草配合
▶︎楽天 増大サプリ
▶︎アマゾン 増大サプリ
▶︎価格.com 増大サプリ

※公式サイト以外ではキャンペーンや特典、返金保証などが適用されない場合があります。販売価格も公式サイトが最安となる場合が多いのでよく確認、比較検討してください。

おすすめ関連記事