2019.07.16

増大サプリのミネラル・ビタミン成分

ミネラル・ビタミン成分について
ペニス増大サプリに配合されている代表的なミネラル・ビタミン成分の特徴や作用について紹介していきます。配合されている成分は増大サプリを選ぶ際の重要なポイントですので、しっかり確認しておきましょう。

L-シトルリン

L-シトルリン
シトルリン(Citrulline)はアミノ酸の1種で、1930年に日本でスイカの中から発見されました。シトルリンという名称はスイカの学名(Citrullus vulgaris)から名付けられた説とラテン語のCitrullusに因んで名付けられた説とがあります。シトルリンは、遊離アミノ酸のひとつで、ウリ科の植物に多く含まれており、食品からも摂取できます。アミノ酸の状態で生体内に存在しており、動物、特に哺乳類で広く存在していてます。精力増強をはじめ様々な医療、健康分野で活用されている成分です。

L-シトルリンの作用や効果

シトルリンは、体内で一酸化窒素(NO)の生成を促します。シトルリンが、アルギニンに転換される際に産みだされる一 酸化窒素(NO)は、血管拡張と血流促進など血管へ作用します。血管を柔らかくしなやかにして、血管を広げ、血流を改善させます。シトルリンの血流改善効果は、98年のノーベル医学・生理学賞受賞者である、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部・薬理学教授のルイス・J・イグナロ博士により発見されました。

シトルリンは体内で産生できますので、積極的に摂取しなくても身体に悪影響は生じません。一日の摂取目安量は800mg(0.8g)程度とされています。

シトルリンを多く含む食品(100gあたり)
・スイカ 180mg
・メロン 50mg
・冬瓜 18mg
・キュウリ 9.6mg
・ニンニク 3.9mg

シトルリン800mgを日常の食品から摂取するには、スイカ 1/7個、メロン1.3個、冬瓜3.8個、キュウリ56.5本…という 量を摂取する必要があるため、通常の食事のなかで毎日摂取することは困難です。ストレスや疲労、加齢老化などによりシトルリンの体内産生は低下しますので、サプリメントなどから補充することが大切です。

シトルリンは毒性が低い成分なので、過剰摂取による健康被害の報告はありません。食品から摂取するぶんには問題ありませんが、サプリメントで摂取する場合には目安の摂取量を守るようにしましょう。

シトルリンとアルギニンは体内で同じような働きをしますが、その吸収率に違いがあります。アルギニンは肝臓や腸内で全てを吸収することができず、一部は排出されてしまいますが、シトルリンは摂取した量がそのまま体内吸収されるので、ペニスの増大効果を発揮しやすい成分と言えます。

L-シトルリンまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★★
即効性は期待できませんが、シトルリンを継続摂取することでペニスへの血流増加、血管拡張効果によりペニスのサイズアップが期待できます。ペニス増大サプリの大切な成分のひとつです。

L-アルギニン

L-アルギニン
アルギニン(arginine) は体内で合成される非必須アミノ酸ですが、一定の年齢に達していない子供は合成できないので「準必須アミノ酸」ともいわれています。体内でグルタミン酸から生成されますが、生成量は十分とはいえず不足分を補う必要があります。ペニス増大サプリには必ずと言っていいほど配合されている男性にとって最も大切な成分の1つです。

L-アルギニンの作用や効果

アミノ酸はヒトの体を作るために欠かせない栄養素の1つです。アルギニンはアミノ酸の分類では非必須アミノ酸ですが、体内で生成できる量は多くありませんので、サプリメントなどを活用して必要があります。

アルギニンは一酸化窒素の前駆体として、血管内皮細胞内で一酸化窒素を発生させます。一酸化窒素は血管を拡張させ、ペニスへの血液量を増加させます。陰茎海綿体への血流増加、新陳代謝向上によりペニス増大効果が促進されます。

また、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンの分泌は小児期に多く、思春期にピークを迎え、それ以降は年齢とともに低下します。ペニス増大サプリなどからアルギニンを摂取、補給することにより、筋肉強化、 脂肪燃焼、骨格の強化になり、いわゆる精力強化をもたらします。また、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌促進にも繋がり、ペニス増大の効果だけでなく、ED改善効果も期待できます。

アルギニンの一日の摂取目安量は4000mg(4g)程度とされています。

アルギニンを多く含む食品(100gあたり)
・納豆 94mg
・豆腐 56mg
・エビ 180mg
・クロマグロ 140mg
・アジ 120mg
・鶏ムネ肉 150mg
・豚ロース 130mg
・牛肉 130mg
・ピーナッツ 320mg
・マカダミアナッツ 120mg
・白米 50mg
・食パン 30mg

上記のような様々な食品からアルギニンは摂取できますが、食事からの摂取だけでは充分といえませんので、ペニス増大サプリでの補完摂取がおすすめです。

L-アルギニンまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★★
ペニス増大に不可欠なアルギニンは腸内での分解率が高いので、サイズアップ効果を高めるうえでは、腸を通過してからアルギニンに変換されるシトルリンと同時摂取することが大切です。

亜鉛

亜鉛
亜鉛(zinc)はミネラル成分の1種で体内に吸収されると様々な代謝に関わる栄養素となります。海外では「セックスミネラル」とも呼ばれている亜鉛は、男性ホルモンの一種テストステロンの生成を促し、精子の量や質を高め、ペニスを勃起時にさらに硬くする働きをします。

亜鉛の作用や効果

亜鉛は16種ある必須ミネラルのひとつで、人間の体内に約2000mg存在しており、タンパク質の合成などをサポートしています。

亜鉛は、血液や皮膚、骨、筋肉、腎臓、肝臓、脳に多く存在していますが、男性では前立腺や性腺に存在し、男性ホルモン(テストステロン)の生成に作用しています。亜鉛の欠乏により性機能が低下するのはこのためで、亜鉛がセックスミネラルと呼ばれる所以でもあります。男性ホルモン(テストステロン)の産生活性化に亜鉛は欠かせない成分です。

規則正しい一般的な食生活を送っていれば亜鉛不足に陥る可能性は少ないと考えられますが、ベジタリアンの方や加工食品が多い方などは注意が必要です。近年の厚生労働省による国民の健康・栄養調査でも推奨摂取量を下回ったデータも示されています。

亜鉛を多く含む食品(100gあたり)
・牡蠣(生) 13mg
・パルメサンチーズ 7.3mg
・豚レバー 6.9mg
・牛赤身肉 5.7mg
・するめ 5.4mg
・卵 4.2mg
・えんどう豆 3.6mg
・ホタテ貝(生) 2.7mg
・納豆 2.0mg
・牛乳 0.4mg

亜鉛は様々な食べ物に含まれていますので、食品から摂取することも可能です。特に多く含まれているのが牡蠣、チーズ、レバーですが、それらの食品を毎日大量に食べることは難しいので、ペニス増大サプリで亜鉛を摂取する方法が現実的です。

※亜鉛には耐容上限量(1日40~45mg/年齢による)が定められていますので、過剰摂取しないよう注意が必要です。

厚生労働省:「統合医療」情報発信サイト 
亜鉛過剰摂取による健康上のリスク

亜鉛まとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★★
亜鉛はシトルリンやアルギニンとの同時に摂取することで相乗効果を得られるので、ペニス増大サプリを選ぶ際は、シトルリン、アルギニンに加えて亜鉛も配合されている商品を選ぶことをおすすめします。

トリプトファン

トリプトファン
トリプトファン (Tryptophan) は人間における9つの必須アミノ酸の内の1つです。体内で概日リズムと関連するセロトニンやメラトニンに代謝されます。人間の健康維持にとってトリプトファンは、欠かせ無い重要な成分であり、体内では十分な量が産生出来ない必須アミノ酸の1つで、健康増進や精力増強に大切な成分です。

トリプトファンの作用や効果

トリプトファンは精力剤に比較的多く利用される成分です。その理由は、血行促進や血圧の安定によって勃起力を高めることで勃起不全(ED)を改善させる効果が得られます。
トリプトファンはセロトニンと言われる三大神経物質の材料となることで自律神経などに働きかけ、ストレスや疲労を緩和させます。ストレス緩和作用と血行促進作用により勃起力を高めED改善など精力増強効果があります。

トリプトファンを多く含む食品(100gあたり)
・すじこ 330mg
・ひまわりの種 310mg
・まぐろ 300mg
・たらこ 290mg
・プロセスチーズ 290mg
・豚ロース 270mg
・納豆 240mg
・アーモンド 200mg
・そば 192mg
・白米 89mg
・ヨーグルト 47mg
・バナナ 10mg

トリプトファンは体内で産生することのできない成分なので、食事やサプリメントなどで摂取することになりますが、食品から摂取するよりも、サプリメント飲用の方が効率的です。

精力剤などにもトリプトファンを配合している商品がありますが、勃起不全の改善という意味ではある一定の効果が期待できますが、トリプトファン配合のサプリメントでEDの改善を目指すなら、クリニックで処方されるバイアグラなどのED治療薬を服用するのが安心かつ確実です。

トリプトファンまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
トリプトファン単体では直接的なペニス増大作用はありませんので、大きなサイズアップ効果は得られる可能性は低いでしょう。ペニスのサイズアップ効果に対しては、あくまでも補助的な成分と考えましょう。

L-オルニチン

L-オルニチン
オルニチン(ornithine)は、アルギニンの分解によって生成されるアミノ酸です。肝臓で、有毒物質であるアンモニアの解毒を行い、アンモニアを減らすことでエネルギー産生をサポートする働きをしています。体内のアミノ酸の多くがタンパク質の中に存在するのに対して、オルニチンはそれとは異なる「遊離アミノ酸」と呼ばれるものの一種です。

L-オルニチンの作用や効果

オルニチンは、その機能性から次世代アミノ酸とも呼ばれ、アメリカではボディビルダーやアスリート向けの代謝促進のダイエットサプリメントとして普及しており、ヨーロッパでは肝臓の医薬品として利用されています。日本では平成 14年12月に厚生労働省から食品としての使用が認可された、比較的新しい素材成分です。

オルニチンの代表的な作用とえば肝機能改善です。
オルニチン→しじみ→二日酔い解消!のイメージを持っている方も多いと思います。肝臓は体内の有害物質を解毒する臓器ですが、オルニチンはこの解毒作用を強力にサポートします。加えて、肝臓のもう一つの作用である代謝を向上させる働きもあり、疲労回復作用もあります。

オルニチンの解毒作用には男性の精力にも深く影響しています。肝臓内で毒素であるアンモニアを分解して無毒でな尿素へと変換するオルニチン尿素回路の働きにより、シトルリンやアルギニンの生成力を高めています。

オルニチンの一日の摂取目安量は400(0.4g)~1000mg (1g)程度とされています。

オルニチンを多く含む食品(100gあたり)
・ブナシメジ 140mg
・マイタケ 120mg
・シジミ 15.3mg
・チーズ 8.5mg
・キハダマグロ 7.2mg
・ヒラメ 4.2mg

近年の研究で、シジミよりもキノコ類の方がオルニチンの含有量がはるかに多いことが判明しました。

しじみが苦手な人や、しじみの鉄分を大量摂取が気になる方などは、キノコ類を中心にその他の食材を組み合わせて食事でオルニチンを摂取することも可能ですが、毎日継続するのは現実的に難しいと言えるでしょう。オルチニンの効率的な摂取はサプリメントを活用することがおすすめです。

L-オルニチンまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
オルニチン自体にペニスを増大する直接的な作用があるわけではありませんが、オルニチンの解毒&代謝促進作用と近年発見された成長ホルモンの分泌作用で、サイズアップに欠かせない身体のベース形成を期待する成分と考えられます。

セレン

セレン
セレン(Selenium)はミネラルの1種でセレニウムとも呼ばれ、グルタチオンペルオキシダーゼ、ヨードチロニン脱ヨウ素酵素の構成要素となり、生体の抗酸化システムの中で重要な働きを担っている栄養素でビタミンEの約60倍以上の抗酸化作用を持つことでセレンは知られており、セレンには様々な効果が期待できます。

セレンの作用や効果

セレンは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、美容作用や脂肪の消費促進、動脈硬化や血圧低下などの生活習慣病予防に役立ち、がんの予防にも活用されてます。
女性向けの美容サプリや、生活習慣病予防のサプリメントに配合されることが多く、総じて高い評価を得ています。

セレンには血管拡張作用があり、ペニスへの血流増加が促進されます。また、亜鉛と同様にセレンには精子産生を向上させる作用があります。

16種ある必須ミネラルのひとつですが、必要量が極めて少ない微量必須ミネラルです。
セレンの一日の摂取目安量は30μg(0.03mg)です。

セレンを多く含む食品(100gあたり)
・あんこう肝 200μg
・くろマグロ 110μg 
・カツオ 100μg
・ぶり 57μg 
・卵黄 56μg
・まいわし 54μg
・豚肉 23μg
・鶏肉 22μg
・わかさぎ 22μg
・マッシュルーム 14μg
・ほしひじき 7μg

セレンの過剰摂取による健康障害を未然に防ぐ量としての耐容上限量は400μg(0.4g)~460μg(0.46g)と言われてます。微量ではあっても必要不可欠な成分ですが、必要以上に大量に体内蓄積すれば過剰症を発症します。過剰症には胃腸障害や神経障害、下痢や疲労感などがありますが、1gなどの超大量摂取でなければ、重篤な症状に陥るリスクはありません。日常の食生活で、1g=100000μgものセレンを摂取することはあり得ません。

抗酸化作用の強いセレンは様々な健康効果のある成分です。
男性力を高めるには亜鉛との同時摂取がおすすめです。

セレンまとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★
血管拡張作用でサイズアップが期待できるセレンですが、1日の摂取耐容上限量が微量な成分ですので、購入する前に配合量を確認しておくことが大切です。

L-アスパラギン酸

L-アスパラギン酸
アスパラギン酸はアミノ酸の一種で非必須アミノ酸に分類されます。体内のエネルギー代謝に重要な役割を果たす成分です。アスパラギンとアスパラギン酸は名前が似ていますが、それぞれ別の物質です。アスパラガスに含まれている成分として知られていますが、アスパラガスより、大豆類に多く含まれていることはあまり知られていません。

アスパラギン酸の作用や効果

アスパラギン酸には利尿作用があり、有害なアンモニアなどの毒素を体外へ排出し、中枢神経系を保護する作用があります。

またカリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸の生成を抑制し、疲労回復や、スタミナを向上させる作用があります。アスパラギン酸といえば、アスパラドリンクが有名ですが、アスパラギン酸が滋養強壮剤に配合されているのは、この疲労回復効果とスタミナ向上効果からです。

アスパラギン酸はオルニチン回路で作用しアルギニンの生成を助ける効果もあるため、疲労回復効果に加え、勃起力向上効果も期待できるでしょう。

アスパラギン酸を多く含む食品(100gあたり)
・大豆たんぱく 8.9g
・かつお節 7.2g
・高野豆腐(乾燥) 6.3g
・きな粉 4.4g  
・しらす干し 3.8g
・まぐろ赤身 2.4g
・鶏肉 2.2g
・アーモンド 2.1g
・豚肉 2.0g
・納豆 1.8g
・枝豆(生) 1.5g
・グリーンアスパラガス 0.43g 

アスパラギン酸は研究が様々な研究が進められている栄養素です。精子の産生を高める臨床試験では、精子量や精子の活動量が1.5倍から2倍近くまで活性したという結果がレポートされています。また男性ホルモンのテストステロン値を向上させるのでは!?という研究もあり、更なる結果報告が待たれています。

アスパラギン酸の一日の摂取目安量は3g〜6g程度です。
市販のアスパラドリンクは概ね0.2g〜0.3gの配合量です。

アスパラドリンクα|田辺三菱製薬ヘルスケア

食材からも摂取できる安全な栄養素で、副作用の心配もありません。

国立健康・栄養研究所
アスパラギン酸の安全性・有効性情報

L-アスパラギン酸まとめ

ペニス増大サプリ必要度 ★★★
アスパラギン酸にペニスを増大する直接的な作用があるわけではありませんが、エネルギー代謝向上作用とスタミナアップ作用で、サイズアップに欠かせない身体のベース形成を期待する成分と考えられます。

まとめ

複数成分の摂取で相乗効果を
L-シトルリン
L-アルギニン
亜鉛
トリプトファン
L-オルニチン
セレン
L-アスパラギン酸

7つの成分それぞれの栄養素や作用効果などを紹介してきましたが、どれも、現在販売されている約300種類以上のペニス増大サプリの大半に配合されている人気の成分です。上記以外のビタミン・ミネラル成分も随時追加していきますので、商品選びの参考にしてください。

シトルリンや亜鉛などの成分を単体で摂取したい方はコンビニやドラッグストアで販売されているDHCのサプリメントなどが安価でおすすめです。
同時に複数の成分を摂取してサイズアップ効果を高めたい!という場合は、楽天やamazon、メーカーの直販サイトなどで増大サプリを検討してみるのも良いでしょう。

※公式サイト以外ではキャンペーンや特典、返金保証などが適用されない場合があります。販売価格も公式サイトが最安となる場合が多いのでよく確認、比較検討してください。

おすすめ関連記事

ペニス増大サプリ体験評価一覧を見る

2019 ペニス増大サプリランキング